HITOJII ZAKKI & MONOLOG

「HITOJII ZAKKI & MONOLOG」は日々ストーリーのあるモノとの暮らしを楽しむヒトジイが、これまで買ってよかったモノを雑記とともに紹介するブログです。

『Icebreaker』天然の温度調節機能があるメリノウールがじんわりとあたたかいアイスブレーカーテックライトショートスリーブクルー|ICEBREAKER TECH LITE SS CREWE

前回、アイスブレーカー ネイチャー ダイド ロングスリーブ ポケット クルーを紹介しました。

www.zakki-monolog.com

 

その際、記事にするモノについて調べたい事があったので「Icebreaker(アイスブレーカー)公式サイト - GOLDWIN」を覗きに行ってみたところ、なんと「2019 SPRING & SUMMER SALE」をやっているではないですか!?

※「2019 SPRING & SUMMER SALE」は2019年8月12日時点の情報です。

 

これはIcebreakerで何かしら買うチャンスが到来と思い、以前から気になっていたメリノウール素材のTシャツを購入。

 

ウール素材のTシャツは前々から欲しいと思っていまして、興味を持った当初はお試しで「モンベル」のウールTシャツでも買ってみようかなと考えていました。

 

今回、アイスブレーカーの「2019 SPRING & SUMMER SALE」で念願のウール素材のTシャツを購入する事が出来たので紹介します。

 

テックライトショートスリーブクルーに使用されているメリノウールについて

メリノウールの機能性

薄手でありながら保温性と湿度調整に優れたIcebreakerの原材料は、ニュージーランドの南アルプス標高1,800mで育てられるメリノ種羊の原毛。

寒暖の変化が激しい過酷な高地で暮らすメリノ種羊には自然のプロテクションが備わっています。

気温35度にもなる夏は、きめ細やかなウールの高い通気性が羊の体温を適正に保ち、冬は分厚いウールの層がマイナス20度の寒さから羊の体を守っているのです。

そんな自然が生み出したメリノウールの高い機能性を利用したのがIcebreaker。

その繊維は石油からではなく、牧草と水、そして太陽がつくり出したものであり、再生可能で生物分解性も備わっています。

テックライトショートスリーブクルーについて

夏は涼しく冬は暖かい、天然の温度調節機能があるメリノウール。チクチクしない優しい肌触りや臭いにくさといった特性を生かした、シンプルな無地のTシャツです。オールシーズン使える薄手で、1枚で着やすいフィット感に仕上げています。ニュージーランドの契約農家で育てられたメリノウールを、ナイロン芯に巻きつけたコアスパン糸を採用することで、摩耗や引き裂きに対する強度が向上。洗濯機で洗えるイージーケア性も備えているので、アウトドアではもちろん、普段着や旅行にも重宝します。

引用元:Icebreaker(アイスブレーカー)公式サイト - GOLDWIN

f:id:husigidana:20191110161632j:image

 

あわせて読みたい記事

www.zakki-monolog.com

www.zakki-monolog.com

www.zakki-monolog.com

 

テックライトショートスリーブクルーのディテール

f:id:husigidana:20190803165856j:image

f:id:husigidana:20190803165944j:image

f:id:husigidana:20190803164428j:image

f:id:husigidana:20190803164452j:image

f:id:husigidana:20191118211702j:image

 

じんわりとあたたかく肌触りも素晴らしい快適メリノウールTシャツ

テックライトショートスリーブクルーとスフィアショートスリーブクルーとで悩みましたが、スフィアショートスリーブクルーのほうがウール(メリノウール)の混紡率が52%と低いので、当初の目的通りウールの混紡率が87%と高いテックライトショートスリーブクルーに決めました。

 

Webで買える製品のカラーは(HY)ハイドロと(CR)チリレッドだけなので手持ちの服と合わせやすい(HY)ハイドロを購入。

 

さっそく、汗ダラダラの真夏日に着用してみたところ、灰色系のTシャツ並みに汗染みが目立つなあ~~と思いました。

 

着続けているとゆっくりと乾いてくるので汗の染みも気にはなりませんが、自分は超がつくほど「汗っかき」なので真夏日に運動量の多いスポーツ時に着用するならウールの混紡率の高いモノより、速乾性のある化繊のほうを選びます。

 

気になるニオイはウールの混紡率が高いので汗が染み込んで乾いても、臭くはなりにくく抗菌防臭性に優れているTシャツで3日間寝るとき以外着用し続けてみましたが臭くはないです。

 

ネットでウール素材の製品について調べてみると、化繊のモノに比べて耐久性が低いという記事をよく目にします。

 

このウール素材のTシャツも1日着用しただけでピリングがひとつ出来たので、ウールの混紡率が高ければ高いほど耐久性は低いのかもしれません。

 

このTシャツを購入して良かったと思うところは、クーラーがガンガンに効いている車内や室内でもウールのじんわり暖か効果が効いているせいか身体が冷えにくくぽかぽかして暖かいというところ。

 

登山などでは身体の体温を一定に保つという意味でも天然の温度調節機能があるメリノウールの効果は高いと思います。

 

ウール素材は化繊素材のように急には乾きませんが急に熱を奪われる事もない。

 

アンダーウェアを紹介した記事でも書きましたが自分の場合は「汗っかき」なので、登山などで標高の高いところに登っていくと自身の体温調節が大変です。

 

だから化繊素材のモノよりも、常にちょうどよい体温を保ってくれるメリノウールのTシャツはかなり気に入りました。

 

ウール素材のTシャツは今後も購入し続けるモノになりましたが、今回紹介したアイスブレーカーのモノだけではなく他のメーカーのモノにも興味を持ったので随時紹介していきます。

 

 

DATA OF INTRODUCED PRODUCTS

SIZE:XS

COLOR:(HY)ハイドロ

MATERIAL:150g/m2 Jersey Corespun (ウール87% (メリノウール)、ナイロン13%)

FUNCTION:通年ウエイト150g/m2のスタンダードSSクルー/ブランド表記は右脇挟み込みネームのみ/ナイロン芯にメリノを巻きつけたスパン糸のため肌面はすべてメリノ/ナイロン・コアスパンにより薄手でありながら高い耐久性

MODEL SIZE:166cm 62kg サイズXS購入

OFFICIAL SITE:Icebreaker(アイスブレーカー)公式サイト - GOLDWIN