HITOJII ZAKKI & MONOLOG

「HITOJII ZAKKI & MONOLOG」は日々ストーリーのあるモノとの暮らしを楽しむヒトジイが、これまで買ってよかったモノを雑記とともに紹介するブログです。

【ARC'TERYX】シルクのような肌触りと透湿性がすばらしい!アークテリクスのフェイズ SL ボクサーショーツ|ARC'TERYX Phase SL Boxer|『2020年7月』買ってよかったモノ

7月に入り4ヶ月ぶりくらいにアンダーウェアを購入しました。

f:id:husigidana:20200712213810j:image

 

今回紹介するアンダーウェアは『2020年』今年欲しいアンダーウェア(underwear)10選にも選んだ「アークテリクスのフェイズ SL ボクサーショーツ」を紹介します。

 

フェイズ SL ボクサーショーツについて

激しい運動時でも日常でも快適に着用できるようにデザインされた男性用ボクサーパンツ。シルクのような軽量のベースレイヤーで、ストレッチ性があり蒸れを素早く拡散します。次世代のフェイジック™SLポリエステル素材が速乾性を高めており、快適に着用できます。マチ付きクロッチが人間工学的な動きやすさに貢献し、フラットロックシーム構造が着用時の不快感を最小限に抑えます。スタイルを改良してフィット感を向上させました。

引用元:https://arcteryx.com/

 

フェイズ SL ボクサーショーツのディテール

f:id:husigidana:20200712182328j:image

f:id:husigidana:20200712182344j:image

f:id:husigidana:20200712182356j:image

ラミネート加工の柔らか起毛仕上げで快適なウエストバンドと擦れないラベル。

f:id:husigidana:20200712182409j:image

気になる股部分は開脚がスムーズに行えるガゼットクロッチ仕様。

f:id:husigidana:20200712182446j:image

f:id:husigidana:20200712182501j:image

解剖学に基づいた形状で快適フィット。

f:id:husigidana:20200712182518j:image

f:id:husigidana:20200712182532j:image

 

フェイズ SL ボクサーショーツの着用感

今回紹介している「アークテリクス フェイズ SL ボクサーショーツ」は過去に紹介したティートンブロス パワーウールライトトランクスロングに近い着用感で、アンダーウェアを着用しているのを忘れてしまうくらい着用ストレスが少なくて快適。

www.zakki-monolog.com

 

気になる股部分も開脚がスムーズに行えるようガゼットクロッチ仕様になっており、メカニカルストレッチ素材なので自由な動きが可能でスポーツ時に最適なアンダーウェア。

 

フェイズ SL ボクサーショーツの生地は自分が所有しているボクサーやトランクスの中で1番薄く、触ってみた感じだとパタゴニアのメンズ・キャプリーン・クール・デイリー・シャツに使われている素材と触感が良く似ているので生地のオンスも近いと思います。

※フェイズシリーズ:透湿性ベースレイヤー

※SL:超軽量(Super Light)

 

フェイズ SL ボクサーショーツのサイズ感

ネットショップのSALEでブラックのMサイズだけが定価よりかなり安く販売されていたので、迷わず購入しました。

 

アークテリクスの公式サイトだと身長188cmのモデルがMサイズを着用しているので実際にモノを着用するまで不安でしたが、いざ着用してみるとウエスト周りは全然キツくなく、自分の今の体型だとゆとりがあるサイズ感なので着用できなくはないです。

 

フェイズ SL ボクサーショーツは丈が長めなのですが、太もも上部のフィット感はティートンブロスのパワーウールライトトランクスと非常によく似ているので「Polartec Power Wooll」好きの方にもアークテリクスのフェイズ SL ボクサーショーツをおすすめします。

 

アンダーウェアのサイズ感やフィット感は人それぞれ好みがあると思うのですが、自分の場合は数年前と比べて体重が増えた結果(現在=63.5kg)、以前ははき心地の良かったSサイズでもメーカーによってはウエスト周りがキツくなってきています。

 

自分と似たような体型(身長=166cm・体重=63.5kg)の人で、ゆとりのあるサイズ感ではなく、フィット感を大切にするのならSサイズでも良いと思います。

 

今後体重が60kg以下になるような事があれば、フェイズ SL ボクサーショーツMサイズをはき続けるか考え直さないといけなくなるかもしれません。

f:id:husigidana:20200712213644j:image

f:id:husigidana:20200712213654j:image

 

まだ、梅雨の時期で真夏日には着用できていませんが今後も透湿性や速乾性などを追記レビューしていきます。

 

フェイズ SL ボクサーショーツのウエストバンド幅は3.5cm

ウエストバンド幅は3.5cmでアイスブレーカーのアナトミカボクサーより若干広いくらいです。

 

ウエストバンド幅は汗がウエストバンドに染み込んだ時の不快要素に直結するので、これから梅雨が明けて本格的な夏をむかえるにあたり大事なポイント。

 

過去に紹介したフーディニのダイナミックボクサーなんかはウエストバンド幅が3.9㎝と広めでバンド部分の生地の厚みがなく柔らかめです。

 

そのせいか、立ったり座ったりする事が多かったりすると、直ぐにウエストバンド部分がくるっと丸まって(折れて)きます。

 

今のところウエストバンド幅3.5㎝のフェイズ SL ボクサーショーツはくるっと丸まってくる事はないので、多分ですがウエストバンドの生地が固めで丈夫だからかもしれません。

 

フェイズ SL ボクサーショーツの防臭性

フェイズ SL ボクサーショーツはポリエステル100%なので、ウールを混紡した製品より防臭性能は低いです。

 

気温20℃くらいの日に、仕事で半日以上はいてから試しに匂いを嗅いでみましたが、スポーツ後や真夏日ではないのに汗臭がする部位があるので過度な期待はしないほうが良いです。※汗の量は個人差があります。

 

アンダーウェアに速乾性より防臭性を求めるなら、ウールの混紡率が高いアイスブレーカーアナトミカボクサーサックスアンダーウェア(SAXX UNDERWEAR)ブラックシープボクサーなどがおすすめです。

 

あわせて読みたい記事

www.zakki-monolog.com

www.zakki-monolog.com

www.zakki-monolog.com

 

ウールと化繊のハイブリッド素材に着目して選んだアンダーウェア2選

速乾性を求めるなら化繊100%のモノを抗菌や防臭性を求めるならウールの混紡率が高いモノを、過去の記事でも何種類かアイテムを紹介していますが、今後新しく購入する予定のアンダーウェアリストに2つのアイテムが加わったので紹介します。

 

アナトミカ クールライト ボクサー[ANATOMICA COOL-LITE BOXERS]

MATERIAL:155gm Jersey Corespun(ウール50%(メリノウール)、再生繊維(テンセル)33%、ナイロン12%、ポリウレタン5%)

f:id:husigidana:20200713182302j:image

出典元:Icebreaker アイスブレーカーブランドサイト

 

  • 動物由来のメリノウールと植物由来の機能繊維であるテンセルという、2つの天然繊維をブレンドしたCOOL-LITE素材のアンダーウエア。
  • COOL-LITEは、メリノウールの汗冷えしにくい利点と、テンセルによるなめらかなタッチや着心地の良さが両立。
  • 同シリーズのアナトミカ クールライト トランクス(IU42060)より股下丈がやや長いボクサーブリーフ。

 

ティートンブロス アクシオトランクス[Teton Bros. Axio Trunks]

MATERIAL:Wool 53%、Cool MAX 30%、Poly Filament17%

f:id:husigidana:20200713204254j:image

出典元:Teton Bros. OFFICIAL SITE

 

  • 製品重量85g(Mサイズ)の軽量で抗ピリング性のにとても優れたAXIOを使用。
  • ポリエステル繊維が表面に露出せず、径の内側を螺旋形状に走っています。これにより糸の表面に凹凸ができずにスムーズな表面となる為、ピリングに対して驚異的な強さを発揮。

 

DATA OF INTRODUCED PRODUCTS

SIZE:M

COLOR:BLACK

RUBBER BAND WIDTH:3.5cm

MATERIAL:テイジンのフェイジック テクノロジーPhasic SL100% ポリエステル

MODEL SIZE:166cm 63.5kg サイズM着用